ロードバイク・グラベルロード・旅自転車の専門店|エイリン丸太町店公式オンラインショップ

エイリン丸太町店公式オンラインショップ


新品【ENVE/エンヴィ】 ENVE AG25 Foundation Collection (ファウンデーション コレクション ) グラベルホイールセット


販売価格 198,000円(税込217,800円)
型番 oty-enve-25fd


===”在庫数が不足しています” と表示される商品について===
お取り寄せ または ご予約 にてご用意出来る場合がございますので、下記ボタンよりお気軽にお問合せ下さいませ。

お取り寄せ&ご予約納期のお問合せはコチラ
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける




商品説明

ENVE FOUNDATION COLLECTION
アドベンチャー/グラベル モデル AG25

AG25は、冒険の為にデザインされたホイールです。
ワイドフックレスビードとモールド成型のスポークホールを採用。
ENVEの高い技術と最高の乗り心地をアドベンチャー&グラベルでも惜しみなく体感できます。
推奨タイヤサイズ 36mm〜50mmの700C ディスクブレーキ専用モデル。
チューブレス&ディスクブレーキ専用設計で1,480gと軽量に仕上がっています。

FOUNDATION COLLECTIONの使命は、精密に製造したカーボン製品や、より高いレベルを目指すサイクリストに向けたENVEのコアテクノロジーを通じて、クラス最高の"RIDE EXPERIENCE"を提供することです。

モールド成型のスポークホールとバルブステムホール、耐リム打ちパンクのリムデザイン、チューブレスの最適化、精密に作られたカーボンなど、価格帯に関わらず、全てのライダーがこれらのコアテクノロジーを体感できます。

また、FOUNDATION ROAD HUBは、ENVE HUB コアテクノロジーを採用。
ハブのシェルは、ENVE SESコレクションに使用されている ENVE ROADハブに比べ、切削加工を簡素化していますが、フランジのジオメトリーや剛性に妥協はありません。
Instant Drive 360テクノロジー(ID360)採用の40tラチェットが瞬時に動力を伝達して抵抗を最小限に抑えます。


■ ホイールサイズ: 700c
■ リム重量: 355g
■ リム内幅: 25mm
■ リム外幅: 33.4mm
■ リムハイト: 21mm
■ 適合タイヤサイズ: 36mm-45mm
■ リムERD: 597
■ スポーク: Sapim CX Sprint
■ ニップル: External Brass
■ ハブ Offering: ENVE Alloy
■ フリーハブ: SHIMANO 11speed / SRAM XDR
■ ディスクローターアタッチメント: センターロック
■ MADE IN USA

ENVEのリム、ハブ、フォーク、ハンドルバー、シートポストは生涯補償の対象です。
詳しくはコチラ





スポーツバイクに乗る中で、今よりも軽く/速くを考えた時に一度は選択肢に出てくるカーボンパーツ。

その中でも特にカーボンホイールは、その高い機能性が如何なるものか?!という方は多いんじゃないでしょうか?

とは言え実際その単価上、おいそれと買ってみよう!となりにくいのもカーボン。

しかしながらこれは吉報です!

今回なんとあの高品質とカーボンパーツでお馴染みのアメリカンブランド「ENVE」から、おお! これは嬉しい価格&セカンドグレードとなる”FOUNDATION 45(ファウンデーション45)”シリーズがラインナップされました!

リーズナブルと言えども侮る事なかれ!

・5年の製品保証+故意でない破損に対しての生涯保証が付属⇒カーボンのネガティブさを気にせず安心して長く使える⇒他社カーボンホイールと比べても圧倒的に手厚い保証

・40万円台のホイールに使われる物と同じ製法で作られた高強度&高品質設計

と、他社にはない ENVEならではのパフォーマンスを思う存分発揮してくれており、これはテンションあがりますね!




憧れのカーボンブランドENVEに、「お求めやすさ」と妥協なき「高強度/高品質/手厚い保証体制」を両立する、”セカンドグレード”「FOUNDATION」シリーズが登場






妥協の無い一貫した厳しい生産体制による高品質な作りと軽量・高剛性なら、憧れのカーボンコンポーネント「ENVE」をとご想像される方も多いんじゃないでしょうか?

もちろん、その内容に見合うだけの価格は誰でも手放しで試せる物ではありませんが、そんな方にこの度デビューしたセカンドグレードとなる”FOUNDATION”シリーズは正しく朗報。

・リム製造工程の簡略化(基本的な工程は踏襲)

・ハブボディ切削の簡略化(フランジを一般的な円形に)

・スポークの変更(CX-RAY⇒CX-SPRINT)

・ラインナップを絞る(現状、ロード/MTB/グラベルで計5種)

これだけの事で価格をグッとダウン。

但し、要であるリムの要所は抑えた作り・全て上位モデルと同じ工場で生産とENVEとしての大事なポイントはぬかっておりません!

更に高品質がゆえに保証も充実のENVE。FOUNDATIONシリーズも例にもれず、下記のように手厚い保証が用意されております◎

●LIFETIME INCIDENT PROTECTION


ENVEでは、最初の購入者を対象に、クラッシュなど故意でない破損に関して、ライフタイム(生涯)で無償保証されます。



●5 YEAR LIMITED WARRANTY


すべての製品に材料または製造上の欠陥がないことを、最初の購入日から5年間保証します(製品登録が必要です)。


-輸入代理店公式ページより抜粋-


*詳細はコチラ


カーボンパーツに足踏みしちゃうのって価格だったり/金属パーツに比べて繊細なイメージだからじゃないでしょうか?

ENVEの保証はそうしたカーボンのネガティブさ安心させる手厚い物◎(もちろん、製品の強度/品質も安心できる高いレベルですよ◎)




「FOUNDATION」シリーズ各部詳細






〜リム〜

まずは何といってもリム。

ニップルホールとバルブホールをドリル切削ではなくモールド成型により形作っているので、カーボン繊維の断裂が無く、強度高いつくりに◎

モールド成型による強度の高さはホール付近の強化やニップルワッシャーを不要にし、重量低減にも貢献しています。

高品質な成型による軽量/高強度な作りは、このFOUNDATIONにも培われています。





そして、ビードはチューブレス専用のフックレスビードに。(パンクの際に緊急的にチューブを入れて使用する事は可能)

シンプルな作りになる事でフックありの従来のリムと比べても強度アップ/タイヤ装着時のリムからタイヤの流れがスムーズになり空気抵抗を軽減。

まだまだ自転車では馴染の無いフックレスリムですが、むしろ自動車/オートバイはフックレスが標準。

違うジャンルの話ってのは勿論ですが、それでも確立された技術なのは間違いありませんね。





〜ハブ〜

FOUNDATIONのホイールには従来のラインナップとは違うハブが付属。


上位グレードはフランジの形を変更する事で縦・横剛性をさらにアップさせていますが、ファウンデーションではフランジ面の切削加工を簡略化する事でコストダウンをはたしています。

しかしながらハブフランジを(ハブ中央)に向かって斜めに設計し、スポークへの負担を軽減したりとボディの設計や剛性は上位グレードと同様に妥協のない作りになっています。

※上位グレードはフランジの形を変更する事で縦・横剛性をさらにアップさせています。






忌憚のない感想をお伝えさせていただくと、ENVEって、しっかり作ってて凄そう〜良いのは充分分かるんだけど・ちょっと高いよねってイメージでしょうか?

しかしながら 今回のFOUNDATIONは、¥198,000(税別)というこの価格で この内容は正直かなり充分すぎるのでは?という印象◎

カーボンホイールって速く走る為のレーシングなパーツってイメージが強そうですが、今よりも楽に走れるというのはどんな使い方でも欲するところじゃないでしょうか?