【新品】【送料無料】 CENTURION / センチュリオン CROSSFIRE CARBON 4000 2017
商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4 商品画像5 商品画像6 商品画像7 商品画像9 商品画像10 商品画像11 商品画像12 商品画像13 商品画像14 商品画像15 商品画像16 商品画像17 商品画像18 商品画像19 商品画像20 商品画像21 商品画像22 商品画像24 商品画像25

新品参考価格 400,000円(税込432,000円)
販売価格

360,000円(税込388,800円)

購入数
サイズ

オプションの価格詳細はコチラ


【プロの整備士による整備済み車両】

【完組車・工具不要、すぐにお乗りいただけます】



◆送料について◆
【こちらの商品は一部地域送料無料です】

※システムの都合上、ご注文時には送料0円と表記されますが、送料がかかる地域がございます。
ご注文確認後、送料を含めた詳細のメールをお送りさせていただきます。

商品の送料・梱包方法等に関してはコチラでご確認下さい。


【新車】

デザイン〜企画などはブランドのホームであるドイツで行い、親会社でもあるMERIDAを実際の生産ラインにもつCENTURION。

日本国内において、MERIDA傘下であることによる美しいフレームワークと多くのハイコストパフォーマンスバイクをラインナップする事以外では、そのプロモーションの薄さから中々に謎に包まれてている印象ございますが、実際ブランドヒストリーを読めば、ひと際工業デザインへの厳しい目を持つ事でお馴染みのドイツで数々の賞を受賞するほどに一流のブランドであることがわかります。

さてさて前置きはさておき、今日は先日行われた「3.11を忘れない!メモリアル シクロクロス」に、このクロスファイヤーカーボン4000試乗車で実際に参戦したきましたので、その時の印象をご紹介。

うーん、実は非常に良いシクロクロスバイクですよ!コレ。






【 CENTURION / センチュリオン 2017 】CROSSFIRE CARBON 4000


定価¥400.000-(税別)⇒eirin丸太町店通常価格¥360.000-(税別)

サイズ:50⇒メーカー在庫:▲

サイズ:53⇒メーカー在庫:▲



【フレームサイズ 適応身長】
50cm: 160〜170cm、53cm: 168〜178cm ※適応身長は参考値です。




最先端のテクノロジーと、レースに即対応する高いスペックを併せ持ちながらも、サイクリング〜ファンライドにも対応する独特のジオメトリーで、初心者〜ベテランまで様々なユーザーに満足いただけるカーボンCXバイク





レーシングとツーリングを両立させる絶妙なジオメトリー


詳しい方なら上の表を見て頂いてもお分かりいただけるかと思いますが、この他社にはない独特のジオメトリーが本モデルの最注目ポイントとなります。

チェーンステー長423mmは、他社レーシングシクロクロスカテゴリーよりも詰めた設定。パワーをダイレクトに受け止めるクランク部〜Rハブまでの距離が短くよりダイレクトなパワー伝達性を確保します。

それに対して面白いのがBBドロップが68mmと他社よりも低めに設定している点。

低重心での乗車が可能でダートコースでも車体がふらつき難くコントロールがしやすい、またその低重心の恩恵もあって平坦コースの巡行性も高くスピードが落ちにくい。

その効果はレースのシチュエーションでも効果を出せる事は多々あり、また安定した走行フィーリングは普段のサイクリングでも効果的でしょう。








剛性と軽量の両立化を図る最新のテクノロジー、規格をしっかり盛り込んだ美しいフレームワーク。


前述にもありましたが、生産はかのコスパ高いブランドでお馴染みMERIDAが請負い。流石のビッグブランドだけあって大変丁寧に仕上げられております。

シートステー〜トップチューブまでを流れるように繋げるフレームデザインとシートポスト径27.2と細目のシートチューブで路面衝撃吸収性を高め、テーパーヘッドチューブ、BB86.5といった剛性面と軽量化をクロスオーバーさせる最新の考え方はしっかりと落とし込まれており、前後とも12mmスルーアクスル規格を採用しコーナリング、ダンシング時のフレーム/フォークのねじれを抑制するといった最新の考え方は、もはや突っ込みどころがないほどしっかりと盛り込まれております。

また特徴的な部分が、モノコック化されたごついリアエンド部。スルーアクスルともにガチっとしたペダリングを確保します。





 


2x11SPEEDの6800系アルテグラをメインコンポに油圧ディスクブレーキを採用。


ハイグレードながらも、価格面、品質面、初心者〜ベテランまで満足度の高いアルテグラコンポをメインとしたパーツアッセンブルを採用。

同グレードの油圧ブレーキを採用しストッピングパワーは申し分なく、急こう配の下りも安心してクリアできます。

またシクロクロスコースによくあるタイトなコーナリングでもぎりぎりまでブレーキングせずに攻めることができ、ストイックなインコーナーへの攻めもしやすくありました。

また興味深い点が、フロントは50-34T、リア11-32Tのワイドギアレシオ設定。シクロクロスレースにおいてはフロント46T-36T(個人的にはアウターは44〜42Tでも良しと思います)、が望ましくありますが本モデルはロードバイクに設定されるアウター50Tで普段の舗装路メインのサイクリングなどでも使いやすいより高いトルクでの漕ぎしろを確保しております。

実際、今回のシクロクロスレースでは平坦の芝面はアウターで踏み、シングルトラックではインナーを使うという使い分けで我々のレベルでは特段問題もなく充分楽しめました。






高い剛性感をもつスプラインハブ採用のDTホイールを採用。


足元には高い精度で名高いスイスブランドのDTSWISS R24 スプライン DB (定価¥43.000-税別)を採用。

決して上位グレードではありませんが、ストレートプルスポーク採用のスプラインテクノロジーが落とし込まれたハブの剛性は、非常に安心感ありました。

またDTの得意とする18^36^54Tのいったハイラチェットシステムは落とし込まれておりませんが、3ポール仕様のハブは分解もしやすくメンテナンスの増えるシクロクロスにはメリットでもありましょう。


〜まとめ〜”どんな方でも楽しめる一台”


最先端の考え方がしっかり落とし込まれたフルカーボン製のフレーム+フォークとそれに伴う12mmスルーアクスルやテーパーヘッド、大口径BBといった最先端の規格面、またアルテグラコンポ+油圧ブレーキ、DTホイールといった申し分ないパーツ構成から、正直特段つっこみどころはないほどに満足度高いバイク。

また何よりもその安定性ありながらもバチッと力のこめやすい独特のジオメトリーは、そのジオメトリーの効果性を適正に判断できる方、またあくまでもレースで上位を狙う事だけに集中したい方には中途半端に感じるかもしれませんが、我々のような使い方(年に数えるほどのレース参加〜普段のちょっとしたサイクリング、ツーリング、街乗り)といったシチュエーションをメインに考えている方には、かなり満足度の高い、”楽しめる”一台になるかと思います。



マスプロブランドの中ではやはりまだまだ少ないカーボンシクロクロスモデル。本モデルの試乗車が店頭にございますので是非ご自身でもインプレしてみてはいかがでしょうか?





この商品に関するお問い合わせは下記の店舗にお願いいたします。

サイクルショップEIRIN丸太町店
■所在地 : 京都市上京区高島町338-2
■TEL : 075-231-3598
■FAX : 075-231-3598
■営業時間 : AM10:00〜PM9:00
■MAIL : marutamachi@cycle-eirin.com


*既に商談中・売約済の場合もございますのでご了承下さい。
*携帯電話にてこちらのサイトを閲覧されてる方は、場合により画面表示が正しくモニターされない場合がございますので、必ず栄輪各店まで商品の値段・スペック等御確認のほど宜しくお願い致します。
 
            
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける